根子岳 2207m  菅平 須坂市  

2007年1月3日  ネット友達と  8736歩

自宅発8:00〜菅平牧場登山口9:00〜根子岳山頂11:40(登り2時間40分休憩含む)
山頂発12:45〜子根子岳13:10/13:25〜牧場登山口14:50〜自宅着15:20
(下り2時間5分休憩含む)

少ない休みを山三昧にしようと、あれこれ、忙しいですよ。
山行を最優先にするためには、努力も必要なのですぞ!(遊びのためならね)
ってことで、飯綱山で、今シーズンお初の[パフパフスノーシュー]を楽しんだら、すっかり楽しくなっちゃって
スノーシューならやっぱり、根子でしょ!ってんで、行って来ましたよ。
そうです、根子岳はこれからが楽しい山なんですよ!(初冬から初夏がいいのよ)
スノーシュー堪能して来ましたあ。
やあ楽しかったですね〜。
あんな世界や、こんな世界を自由自在にお散歩できるなんて、
スノーシューの為にあるようないい山ですよ。(スキーとは違う楽しみですよ)

自宅を出るときには雨でしたが、菅平にやってくると雪が舞っているし、ガスがかかっているし、山頂は吹雪だろうか?
あそこは、とにかく風の強い所だからなあ・・と思いながら、まあとにかく行ってみましょうってことで、こりゃ期待できないかなと思いつつの出発ですね
雪がかなり少ないので、つぼ足で歩き始めたが、けっこう埋まっちゃうので、スノーシューをはきます。
久しぶりのスノーシューでの登りは気持ちよく、沈みませんよ〜。快適ですね。
でも、暑い!ウェアーを脱いでも暑い!
今日はガスの動きがめまぐるしく、この調子だと、いい感じになるかな?
と思っているまに姿を現してくれましたよ。

それにしても雪少ないですね。
ブッシュが見えますよ。
気温が高いせいか、中間くらいのところでやっと樹氷の世界になりました。
とにかく菅平は長野の北海道といわれるほどに気温の低い所なんですが、今日は風もなく、暖かいですね。
フリースだけでも暑いくらいです。
雪質もここでは珍しく、ちょっと重めです。
それでもほかに比べると、さらさらですけどね。
樹林限界のあたりまでやってくると、またまたモノクロの世界に逆戻りです。
でもこれはこれで、好きですがね。(ちょっとなら)
山頂直下の笹原を登りつめます

撮影:ユージンさん
バックが白いのでわかりづらいけど
おっきな ネコの尻尾(又はエビの尻尾ね)
本当にここは風が強いよね(でも今日は無しですよ)
山頂にやってきましたが、青空が少ないです
ガスがダンスでもしているように、青空がばあ〜と出てきたかと思うと、またすぐ隠れてしまいます。
風がないので、まったりしながら、青空に期待します
あれよあれよという間にこの青空ですよ
雲海が見事です
残念ながら、北アも北信五岳も姿を見せてはくれませんが、根子からの雲海はお初なのでうれしいですね。
コーヒーをもう一杯飲みながら粘りますよ
壮大な景色にご機嫌です
二人だけの大きな世界ですよ
こんな世界が待っていようとは!
どうです?
雪の上から、雲海に飛び移れちゃいそうでしょ。
自然の厳しさが創り出すオブジェの向こうには雲が創り出すオブジェが。
自然って本当にすごいよ!
私のお気に入りの昼寝用の岩の向こうには
四阿山も姿を現してくれました。
私は百名山のあちらより根子の方がお気に入りですけどね
山頂もちょっと眺める角度を変えると、また雰囲気が違います。
こんなお散歩もスノーシューのおかげですね。つぼ足だと膝くらいまで埋まっちゃいますから(今年は少ないからね)
山頂をあちこちお散歩しながら、ガスの切れるのを待ったかいがありますね。
時間はたっぷりあるし、あまりにも素晴らしくて下るなんてもったいないので、子根子のほうに足を伸ばします。

そこには全く違う世界が広がっていた
真下から見上げると
でっかあい!
小人になった気分で、こんなところをすり抜けたり

撮影:ユージンさん
雪の妖精に逢っているような感じです
子根子の山頂は
またまた雪の織り成す素晴らしさ
あまりの見事さに足跡をつけるのが躊躇われるので、左側から回りこんでの登頂です
やっぱり私たちと同じ考えの方がいらしたようで、足跡がありました。

(ここに登ろうとしていた、ボーダーの若い方たちも同じふうに思ってくれればいいなと思いながら下りましたが)
気分は北アの山頂制覇だ!

撮影:ユージンさん
「子」ではありますが、展望は根子にも負けません。(根子が大混雑している時季でもここは静かなお勧めの場所です)
その様子は前回立証済みですよクリック
どうぞ
子根子のシッポ
(エビにも負けません)
青空が広がってきたけど、最後まで北アは姿を見せてはくれませんね。
絶景ですよ
根子岳を振り返る
前回は笹のじゅうたんが気持ち良さそうだったけれど。
こんな中を自由自在に楽しめるスノーシューって本当に素晴らしいですよ
舞踏会が始まったみたいですよ
みんな思い思いにおしゃれしちゃってさ
ここはチェスの世界に彷徨いこんだようですよ。(微妙に皆前かがみになって、怪獣の行進とも思えちゃうし)
想像するだけでも楽しいですね
須坂動物園にも兄弟がいるよ(あちらは話題のハッチー君ですよ)

撮影:ユージンさん
さておとぎの世界を楽しんだ後は、根子からの下山道に戻ります。といっても、それはほら、スノーシューですから自由気ままにね。
斜面をパフパフ(一部ガリガリ)と豪快に走ります。
もちろん満面の笑みで!
はい、いい大人が二人で笑い転げながら♪
牧場を荒らしまくったのは私たちです!
ごめんなさあい!
でも、すぐ雪がまたきれいにしてくれるでしょうよ。(週末あたりにはと期待)
車に戻るのがもったいないような
遊びに夢中な子供が夕方家に帰るような気分。
でも
まだまだ冬は長いもんね
inserted by FC2 system