白馬八方丸山ピーク 2361m+α   白馬村 

2007年6月10日 後   単独  13970歩

 自宅発(9:15)〜八方駐車場(10:17)〜八方池山荘(11:00)〜丸山ケルン(13:05)2時間5分休憩含む
丸山ケルン下山(13:40)〜八方池山荘(14:50)〜八方駐車場(15:40)〜自宅着(17:00)
1時間10分休憩無 


前日会社の仲間とバーベキューを楽しみ、鶯の声で眼が覚めるという贅沢を味わったものの、山行装備を全く持って来なかったという大失態をしでかす。っていうかそんな余裕がなかったのよね。
とりあえずは家に戻り、ザックを引っ掴み、靴を車に放り投げ、右に行こうか、左に行こうかちょっぴり迷う。
家の門を左に行けば根子岳、右に行けば白馬なのですよ。
飯綱からの車中で、こんな曇りの日には花を見に行こう♪と決めていたにもかかわらず、優柔不断なのよね。。
これが思いつき山行の常ではあるが。。。
今日はなんたってもう9時を過ぎているから時間のことも考えちゃう。
まあ、丸山までならなんとか大丈夫だろうってことでして。
八方尾根ではハルリンドウ、ユキワリソウが満開との情報を得ていたので、ユキワリソウが見たかったってのもあるし。
ゴールデンウィークには冬山の厳しさを見せつけた八方尾根は、もう春の花に彩られているという。
季節はしっかり移ろっているんだなぁ。

黒菱林道はまだ通行止めなので2600円の出費はちょっと痛いかな。
後から知った、もう遅いのよね情報だとコンビニで2260円で前売り券が買えます
どうやら黒菱のリフト運行は7月半ば頃のようですよ。まあ経営上ゴンドラを使わせちゃえっていう魂胆でしょうね。
去年は6月半ば過ぎには開通していたんだけれどな・・・。残念!

ゴンドラ、リフトを乗り継ぎおなじみの八方池山荘前にやって来ました。
リフトの足元はハルリンドウが一面にそのかわいらしい姿で迎えてくれました。
スーパーガスガスは、今日ははなからわかっていたのでいいのさ。。
ユキワリソウがこれ以上の瑞々しさはないとばかりに咲いていました。
水々しいって感じがしないでもない。可憐な花には雫がちょっと重たげ。
ミヤマタネツケバナかと
イワイワの隙間でしっかり自己主張
淡いピンクがなんともいえない儚いさをかもしだしている。
このか細い茎で支えている姿が健気です。
私の足とはえらい違いだな・・・
稜線の強風に耐えられるんだろうかとついつい心配になっちゃう存在。
ミヤマアズマギク
これから長い間楽しませてくれるお花
いいっすねぇ
春のおなじみショウジョウバカマ
トイレ小屋までの巻き道は残雪の下です。
ここもやがてチングルマに彩られることだろう
八方池の氷もずいぶんゆるんできたようです。
さあて、名前がわからないのよね
私の持っている本には載っていないんだけど、ナズナの仲間かなぁ。。。

下の樺も冬の装いで濃いガスに包まれていた。
芽吹きはもうちょっと先のようです。
ちっちゃな、ちっちゃなヒメイチゲ
マイズルソウはまだ葉っぱだけです
やっぱり今日の主役はこのお方
もうためいきばっかです
強風にさらされ悪戦した尾根伝いの冬道も今日は無風でのお出迎え
積雪のときのこの急斜面の登りはきつかったな
前回引き返した辺りまでやって来た
今日もここまでかなと思っていると
丸山がガスの中から静かに姿を現した
今日は晴れては困るのである
今日の目的は霧の中でしっとり咲くお花を楽しもう山行なんだもん。
まあ一番の問題は日焼け止めを塗ってこなかったからなんですが・・・(そんな時間なかったのよね)
だから晴れちゃあ困るのである
濃いガスの中からゆっくり、ゆっくり五竜への稜線が現れてきた。
薄皮を一枚一枚剥ぐように、静かに静かに。

ってことは、期待しちゃっていいのかな、後を振り返っても・・・・
風の音も全くない静寂の世界の中でのゆったり、ゆったりした時の流れを感じる。
息を潜ませ静かに見守る
やがて白馬岳の裾が静かに姿を現し始めた
・・・・・。
そしてまた、静かに、静かに、ベールに包まれていった
今、眼の前に広がる静寂の山と向き合っているのは世界でたった一人
と思うと、ぞくぞくするような感動が込み上げてきた。
丸山を振り返る頃には雨が降ってきた
笹の根元に隠れるようにしてイワナシが咲いていました。
何回通ってもいつも違う表情の下の樺
ミツバオウレン
気品があるのよね、小さいなりにも。
さあて、今年は花を咲かせてくれるんでしょうかね。
去年は三俣蓮華岳から双六岳の稜線で1本、風吹大池で1本お目にかかれただけだった。その前の年までは3年連続で当たり年だったっていうのにである。
とりたてて好きという花ではないけれど、今年は気になる存在になりそうですよ。
雨の中を八方池山荘まで戻ってくると、トイレで雨宿りをしているカップルがいた。
ビニールの100円傘、長袖Tシャツだけで震えている・・・・。。
やって来ては見たものの・・・下りのリフトで冷たい雨に当たるのを躊躇している模様。。。
ザックからウインドーブレーカーとフリースを引っ張り出し(あわててひっつかんできたわりにはちゃんと装備はいいのよね)ゴンドラに乗るときに返してくれれば良いからと貸してあげる(たまにはいい事もするんである)
フムフム・・・ちゃんと彼女を暖かくしてあげるところはえらいぞ!

ところが
ゴンドラに乗ってから気がついた。
ストックを山荘に忘れてきちゃった。
まったくもう、人の世話を焼く資格無しだな・・・。
山荘に電話をして預かってもらうことになった。。。。。
ってことでして、また近いうちに今度はチングルマを見に行かなくっちゃであります。
今度は2260円で来るぞっと思ったのは当然であります。
inserted by FC2 system