蓮華岳2798.6m・北葛岳2551m・七倉岳2509m・船窪岳2459m・不動岳2595m・南沢岳2625.3m・烏帽子岳2628m・前烏帽子岳2605m・野口五郎岳2924.3m

2007年8月18日〜20日  友達と  

8月18日(クリックすると18日に行けます)
自宅発(4:30)〜扇沢登山口駐車場(6:08)〜針ノ木峠(9:27/9:50)〜蓮華岳(11:00/11:40)〜北葛岳(13:55)〜七倉岳(15:40)〜船窪小屋(16:00)
9時間50分休憩含む

8月19日
船窪小屋発(6:00)〜船窪乗越(6:45)〜船窪岳(7:06)〜船窪第二ピーク=松沢岳(8:00)〜不動岳(11:00/11:50)〜烏帽子岳(14:30)〜烏帽子小屋(15:35)8時間35分休憩含む

8月20日(クリックすると20日に行けます) 三ツ岳・野口五郎岳
烏帽子小屋発(5:50)〜野口五郎岳(8:25/8:55)〜烏帽子小屋(11:13/11:35)〜高瀬ダム登山口(13:40)〜高瀬ダム(14:00)〜扇沢駐車場(14:55)9時間5分休憩含む



小屋から今日歩く稜線がスッキリクッキリ見える。
後には薬師岳、水晶もわずかに顔を覗かせていた。
山は夏山から、すばやく空気の澄んだ秋山モードに突入した模様。

槍がモルゲンロードに染まり、山の一日が今日も静かに始まった
立山はさすがに貫禄あり、剣はチョコンで残念だけれど。。。
6:00
鐘が朝の山に響き渡り、おかあさんの笑顔に見送られ核心コースに出発だ!
(登山者の出迎え、見送りにはこの鐘を鳴らしてくれるのよ)
お父さんの話では船窪岳を頑張れば、後は大丈夫って・・・・。

小屋からずんずん下ると、いきなり奈落の底のように谷がパックリ口を空けていた。
ひょえ〜な沢は高所恐怖症の人だったら、きっと足がガクガクだろうな
しかも登山道はこの崖の際をズンズン、ズンズン、そしてズンズン下る。
おいおい、どこまで下らせる気かよ。
登山道も崩れている箇所もあり、なんである。
木が今にも崩れ落ちそうな勢いです。
6:45
船窪乗越
45分間ただひたすら下った。
小屋のお父さんはこんなすごい沢で30年前の道を復活させようとしているのかぁ。
山の30年というのは私如きものが口にするのさへはばかれるほどの濃密な自然の力で道が覆い隠され、それを切り開くということがどんなに大変か。。。私のへなちょこ想像力では及びもつかないことなんだろう。。。。
昨夜おとうさんは 「それは、それは過酷ですよ」の一言しか言わなかったけれど、、、、。

7:06
乗越から時間的には短いが直登の急斜面(足を置く箇所も斜めって、ズリズリと足が後ずさり状態でとっても疲れるのよね。筋肉を目いっぱい使っているのがわかる)は相棒の靴の裏を目の前にしながら、這いずり登った。
おいおいどこまで登らせる気かよ。
君やってくれるじゃんな朝日を背に、風もなく、汗がボタボタと落ちる。
さわやかな早朝はどこ行ったんだい!と愚痴もでるわいな。

両側が切れ落ちている箇所の連続
そしてまた、下りの険しいこと。
針ノ木から縦走の女性4人のグループ(テント担いでだぜ!昨夜は船窪小屋に泊まりたくて、ってことでいっしょでしたが。)が落石を警戒しながら慎重に一人ずつ下っている。
「オーケー!」のサインに
そっかそっか、ここはお上品に、かっこよく決めなくちゃいけんのか・・・。
「おーし、いいぞ〜!」じゃあだめなんかい・・・・。後から、石投げるなよな!と念を押しつつも「おーし、いいぞ〜!」とつい言ってしまったのは、お姉さんたちについ動揺してしまったってわけかいよ。。。
道はまだ下る。。。。
そしてお花畑にまったり気分のお姉さんたちの先になり、ワシワシとワイヤーを掴みながら登りあげる。
8:00
第二ピークにはこんな洒落っ気たっぷりの標識が。
確かに第2ピークじゃあおもしろくないわよね。
松澤ってのは船窪小屋のおとうさんの名前なんですよ。
右端の 登山者X が妙に良い感じ。。。
休憩していると、お姉さんたちも汗ざくになりながらやってきて、小屋で作ってもらったおにぎりをパクパク。
へ?もう?
私らは朝食おかわりもしちゃったから、ここは軽くパンをチョッピリ・・・。
あら〜私もおかわりしたんですよ〜
だって。まったくもって女は強しだな。
七倉岳を振り返る
フムフム、ざっくり崩れたあの際を歩いたのか・・・えらいこっちゃ・・・・。
左側には高瀬ダムと槍ガ岳
右側には黒部湖と立山、剣(写真では木がじゃまをしてるけど)

これってひょっとすると、ひょっとする贅沢なコースなんじゃなかろうか。。。。
なんて感慨に耽っていたら、
ハイドレーションザックだけの身軽さで、一人の若者がすごいスピードでやって来た。 
今朝七倉尾根を登ってきて、今日烏帽子のブナ立尾根を降っちゃう、という若さを武器に駆け巡っちゃえスタイル模様。
「やあ〜船窪岳の登りはきつかったすね」(ひょっとすると走って登ったん?)
まあ、あんまり若いときに無理すると、後で体がガタガタになるからな・・・と負け惜しみを言いつつ、我ら中年組は、ゆっくり行くべ。。。
ッテいうか、ゆっくりしか行かれないよ、きついのよね。
針ノ木岳と蓮華岳はいつもセットで並んでいるが、険しさを剥き出しにした男性っぽい針ノ木とどっしり大きな蓮華は夫婦のようだな。。

しかし、なかなかのコースだったぞ♪
樹林帯の涼しさに救われながらしばらく歩くと薬師岳が目の前に飛び込んできた。
ここもよさげな雰囲気で手招きしてるみたいニ見えるじゃあありませんか。。。
(後日、行った人の情報じゃあ整備されすぎってことだったが・・・どうなんだろ)
11:00/11:50
今日は、烏帽子まで行けば良いので、ゆっくりだい。
船窪岳から休憩を入れながらもほぼコースタイムどうりにやって来た。
こんなところのコースタイムは甘くとってはないので、そのまま信用したほうがよろしいようですよ。
しかし、蓮華はどこから見てもどっしりだ♪

食後のコーヒーを飲んでいると、ハイマツの中からヨチヨチと現れた。
あれあれ、次から次へと6羽のヒナだよ。
まるで遠足だな。
こちとら中年組の遠足は、
「さて、準備はいいかい?」
「オーケー!?
あれ、ちょっと待った!手袋どこやったっけ?」
「ったく年寄りはこれだから困るよ!」
「何をおっしゃる、おんなじ年だんべ。
ほれほれ、ザックの蓋が開いてるよ」
なんてことを休憩のたびに繰り広げている学習能力のないメンツなのよね。
崩壊した沢の中に最近崩れたかのような、天然唐松が何本かあった。
やっぱり彼のゲットしたテンカラ(業界言葉ではこういうらしい・・・最初はテンプラ?と思ったが)もこんなふうにして高瀬ダムに運ばれたんだろう。
テンカラのルーツがわかってよかったね♪
雪融けの遅い箇所にはチングルマ、アオノツガザクラも可憐さを振りまいていた。
南沢岳は岩にペンキで書かれているだけの無愛想な山頂。
前方に、あのカッコいい烏帽子の姿とは思えないチョコンとしたひょうきんな姿が現れた。
今まで陽が射していたと思ったら、急に雲行きが怪しくなって、雨が落ちてきた。
そうなると、こんな稜線は瞬く間に冷たい風が吹き付けてくる。
さっきのポカポカから体温が急に冷やされるのがわかる。

お姉さんたちも、慌てふためいて、とっとと行ってしまった。
南沢岳も振り返れば、ピラミダルな山でかっこいいじゃん!
白いガレ地はコマクサでいっぱいだった。
烏帽子岳へは稜線から離れ、まったりお花畑の連続。
一面のミヤマキンバイ
四十八池が本当にあるのか知らんけど(なぜに山には四十八池という数字が多いんだろうか、縁起の良い数字なんだろうか)
えっと、烏帽子は左端でして、逆さ烏帽子というには間が抜けているやも。
小雨になり、止んだり、また降ったりの天気の中、かなり遠くでは雷の音もする。
正直かなりビビっていた私。
稜線で雷だったらどうしよう・・・。
相棒が、遠い音だけで光もまったくないし、ビリビリする感じもないから大丈夫だろうと判断。

分岐にザックをデポし、身軽になって登る。
雨脚が少し強くなってきた。
岩が滑りそうで、やな感じ。。。
でも私は去年登ったばかりなので、イメージはしっかり頭の中に入っている。
難なくクリアだった。
岩にもしっかり足場があるので大丈夫っすよ。
岩の隙間に体を隠しながら風雨を避けていると、ガスが一瞬途切れ、展望が現れた。
薬師方面を見ようと、岩の間から顔を出すと、情け容赦のない風雨に顔が痛い、すぐ首を引っ込めるのよね。
三ツ岳のガスが取れ始めた。
雷もどこかへ行っちゃった様である。
粘り勝ちだな。
針ノ木峠から歩いてきた稜線がズズイッと見渡せた。
北アの削りとられたような険しい沢の深さを体で実感しながら歩いてきた気がする。
今、また行きたい?って聞かれたら、ちょっと尻込みするだろうな。
でも、手強い相手だっただけにインパクトの強い山行であったことは確かだ。


やっぱり烏帽子はこの角度が一番お似合いよね。
おっし、槍まで繋がったぞ!

そして、またまたモードが切り替わっちゃうのである。。。
もち、後はお楽しみだけが待っているのよね
15:35
気温13度、肌寒い。
また雨が降ってきた。
お姉さんたちはテント泊らしくいなかった。
夕食後、ゆったりスペースの部屋で、昨日の残りの芋焼酎に舌鼓を打ちながら、しっとり会話をしていると眠くなってしまった。。。。

翌日に続く

inserted by FC2 system