若穂太郎山のこしき岩  ?m  長野市

2007年1月2日  単独  9778歩(飯綱山より多かった)

自宅発8:17〜天王山登山口8:35〜田子峰9:15〜こしき岩9:50(登り1時間15分休憩含む)
こしき岩下山10:25〜春日山分岐11:15〜春山登山口11:30〜天王山登山口駐車場11:46
(下り1時間20分休憩含む)

昨日の飯綱山はけっこうバテバテでした。
このところの運動不足が祟ったのかな?
今日は昨日より薄着して出かけましたよ。
やはりあまり体を愛わっちゃあいけませんね。薄着でも暑かった!
今日は久々の単独歩きでした。ほんと、10月以来かな?
ユージンさんという素敵なパートナーができ、同じ景色も2倍楽しめ、(同じ辛さは半分ね)山歩きの楽しさの幅が広がっていましたが、今日は一人の世界で、山歩きを楽しんできました。
前回は新規開拓ということで、夢中でしたが、初回とは違って余裕があるので、登山道を再確認しながら、気持ちのいい歩きが出来ました。
新たなる素敵な出会いもありました。
山での出会いは一期一会の場合がほとんどですが、山を思い出すときには、そこでめぐり合えた素敵な山のぼら〜のことも忘れられないもんであります。
今日お逢いした方もそんな方の一人でしょうね。

元旦はあそこでした!
今日は曇り空ながらもよく見えますね
田子峰手前でいきなり
第一村人ならぬカモシカ君に遭遇
今日のカモシカ君はとっても敏捷な動きで登山道を飛び越え、斜面をドドドット駆け抜けていきました。
前回の若君だろうか?それにしてはすばやかったなあ。
左側の岩が達磨さんですね
先回は右側をトラバース気味に行きましたが、ダルマ岩のところから稜線沿いに行く道もあるよう
ちょっとやばめな険しさだけどね。
振り返ると
ダルマさんはちょうど枯葉の陰で見えませんがちょっとしたスリルでした。
快適にこしき岩にやって来ました。
この岩にあがるのもちょっとしたスリルです
岩から生えている木の枝を手がかりに行きます
この木の中には1本だけグラグラする枯れ木があるので注意ですよ。
鎖、梯子等は一切ありませんぞ(要らないけど)
この岩の上がかなり広いですよね
私の部屋より広いかも
ここが最終目的地なので即まったりモード突入です。とっても静かで、独占ですね。
どっかり座り込みコーヒータイムです!
高社山もなかなかな男前ですね
北アは残念ながら雲の中ですが市街地を流れる川の様子が手に取るように眺められ、これはこれでまた楽しいですね。
飯綱山からは山々を楽しんだけど、また違う楽しみですよ
岩の端っこにきたら若君の足跡発見
そうか カモシカ君もここからの展望が好きなんですね。
彼は何見て楽しんだんでしょうかね
ウサギさんも楽しんでいたのか
こしき岩はみんなの社交場?
人間だけでなく動物だっておっきな岩に乗るのはうれしいんだろうな。
私も超まったりして楽しませてもらいましたよ
さて、下界の一員に戻りますか


田子峰の下の岩場のところで、単独の方が登ってきたので、避けて待ちます。
ところがこの方と急斜面のイワイワなところで楽しいお話が出来ちゃったんですね。(なんでこんなところで長話?ってきもするけど)
自然保護レンジャーの方で、来週の下見登山とのことでした。
色々楽しいお話ありがとうございました。
上高地ビジターセンターにもいらっしゃるとのことでしたので、またお逢いできるかもしれませんね。
この若太郎山のことではいろいろ教えていただきましたよ。
前回私たちが下山に使った蓮台寺コースは危険なので、コースガイドからはずすように言っているらしいですよ。何が危険かって?
それが思ってもいなかった意外な理由です
あのお寺では紀州犬(獰猛な大きな犬)を3匹も放し飼いにしているらしく、近所のワンちゃんもかみ殺されたらしいです。ワンちゃんだけでなくレンジャの方も襲われたそうです。
私たちは幸運だったんでしょうね。聞いてゾッとしました。
どうもお寺の住職ってのは私にはマイナスイメージが付きまといます(高社山のときもね)
楽しい山の話もたくさんで、出来るならば、こしき岩の上でゆっくりお話が聞きたかったですね。

○重さんへ書いてくださった名前ではHP開くこと出来ませんでした。出来れば掲示板またはメールにURL書き込みしてくださればうれしいんですが。よろしくい願いいたします。

下山には春山コースを選んでみました。
急斜面のジグザグコースであまりよくなかったですよ。
やはり天王山口コースがこの山の王道でしょう
登山口には駐車スペースはない
といっても言いでしょう
田んぼの中を歩いて駐車場に戻ります
里山とはいえこんな岩がたくさんあるんだもの、やっぱり楽しい山ですね
今日の登山者は私とレンジャーさんだけ?
inserted by FC2 system