立山(雄山 3003m・大汝山 3015m・富士の折立 2999m 真砂岳 2861m)

 剣岳2999m 
 北アルプス 富山県

2008年10月12日     単独  自宅〜登山口往復走行距離 130k


自宅発(5:40)〜扇沢駐車場(7:05)〜室堂(9:40)〜雄山(11:22)〜大汝山(12:05)〜富士の折立(12:46)〜真砂岳(13:27)〜剣沢キャンプ場(15:10)
  休憩含む


 2008年10月13日 

剣沢キャンプ場発(6:00)〜前剣岳(7:30)剣岳山頂(8:56/9:23)〜キャンプ場(11:50/12:40)〜地獄谷(14:40)〜室堂バスターミナル(15:15)〜扇沢駐車場(17:22)休憩含む  


レポっていうのは、即刻が良いようでして、10日もたってしまうと、なんかタラタラとなってしまいました。
よって、かなり、ながぁ〜い です。
適当にすっとばしてくださいな。

缶ビールが効いたのか、つるべ落としの秋の陽の短さゆえんか定かではないが、6時半にはぬくぬくシェラフの中で眠ってしまった。
テントをパタパタ揺らす風の音に眼が覚めたら、ありゃまあ、まだ9時半だよ。
それからも断続的に続く風の音にうつらうつらの長い夜だった。
3時頃テントから亀のように首を出すと、満天の星だった。
でも寒いのですぐひっこめちゃったけれど・・・。
シェラフの中からなかなか抜け出すことができなんだ。
5時頃には暗闇の中にへットランプの光りが稜線に見えた。
う〜ん、根性が違うのねと思いつつ、私は明るくなった6時に出発よ。
テントはそのままにし、亀の甲羅、はたまた背後霊の様に、重く私にのしかかっていたもんから一気に解放され、やっぱ身軽に限るよなと気持ちよく歩き始める。
剣山荘の前の池は氷が張っていた。
防寒対策万全でのテントはとっても暖かかったが、なんたって剣沢だもんね、寒いはずさ。
霜柱をザクザク踏みながら歩く快感。
登山道全体が霜柱なわけがあろうはずもないんだけれど、子供みたいにちょっぴりはしゃいで、わざわざ踏んじゃうのよね。
蛇行登山ともいう。

    


まずは眼前にそびえている前剣をクリアしなくちゃなんであります

一番目の鎖が現れた

鎖場は全部で13箇所のよう

6:50 一服剣 2618m
なかなかセンスのある名前だな。
つられて、一休み。
嶮しい登山道が見える

風もなく、ポカポカと暖かい。
フリースも脱ぎ、インナー1枚でも汗をかくほどだ。
それでも、やはり秋、日陰に入ると冷たい風が吹き上げてくる。
汗がスーッと引いていき、寒くなる。

        

  7:30 前剣岳 2813m 
      どっしりした剣岳は同じ岩山でも、北穂や奥穂とちがって、なかなか骨太で、風格のあ       る男っぽさだ。威風堂々って言葉がぴったりだ。
      
      そして、前剣とて、かなり手ごわいのであります。
      そう簡単には登らせてくれないのよね。
      

平蔵のコルの先にはカニのたてばいが待ち構えている。

写真じゃ、なあんだたいしたことないじゃんと見えるけれど・・・
真下から見るとやっぱり迫力ありね。
先行のお嬢さんたちのおしりがそれを物語っていますね・・・・失礼。

9番目の鎖場ですね。
ここに取り付くにはいったん左手にまわりこみます。
まず、このボルトに第一歩の足を乗せることから始まります。
上は全く見えないのよね。
けっこう気合が入りますよ。
人間の行動学を知り尽くしたかのように、わずかな足場やボルトが道案内をしてくれる。

「点の記」の息詰まるような緊迫した世界が甦る。
う〜んまた読み返したくなってきちゃったなぁ。


後はこんな岩岩を乗り越えれば、
あっという間に山頂が待っている。
8:56 2999m 剣岳

「お〜、山だぁ〜、全部 山だぁ〜」
思わず声が漏れてしまった。
だって、360度の大パノラマなんですもの。
ホットコーヒーを飲みながら展望を存分に楽しむ。

去年はなかった祠が新装されて再び山頂に戻ったようですが、やはり皆さんその前で登頂写真撮りたいのよね。にぎやかです。
隣で、皆に見向きもされない渋めの標識に哀愁を感じて・・・・・・。

        


      剣沢、そして、弥陀ヶ原が俯瞰できる。
      その先には薬師岳、黒部五郎岳、笠岳、槍もチョッコリ見える、、、これが全部繋がって      いるかと思うと、ゾクゾクしてくる。


        
白馬三山から唐松岳
霞みながらもバックには高妻が
そして裾野の紅葉が山肌を赤く染めている
ギザギザの岩峰のどれがチンネなのやら八峰なのやらチンプンカンプンね。。。。

ちょっと目線を引くと、後立山連峰が勢ぞろい。
フムフム、後立山連峰っていう名前は剣岳側(富山)からの命名なんですね。。。
長野に住んでいる身としては、剣岳が後なんだけど・・・・・さ。
やっぱり、この山は長野から見るほうがなんたって北アらしいよな。
なんかさ、妙に間延びしちゃってるもんね。とついつい身贔屓になってしまう。
なんたって北アは鋭くなくちゃね。。。。

9:25
下りの事を考えると、そうのんびりもしていられない。
山はなんたって下りの方が危険だし、難所が次から次へと控えているんであります。
まずはカニの横ばい
無事通過後、後続のお姉さんたちを振り返る。
オーバーハング気味の足場さえ確保できれば、鎖が身を守ってくれる。
慎重に、且つ体をリラックスさせるのが一番良いようでして、緊張していたら、次の足場にもう一歩足が届かなくなっちゃうのよね。
このはしごは岩からはしごに移動するのに気合がいったわね。
空間に突き出たさっきぽを先ずまたがなくちゃなんないんですから。。。。
かなりのスリル感ありでした。
平蔵のコルからカニのたてばい方面を見ると、たてばいの先の急峻な岩場にクライマーが張り付いていた。
今、まさにゾクゾクするような快感を味わっているにちがいない。
ほれぼれと眺める。

なんて余裕、暇はないんある。

        
         
          眼を正面に向けると・・・・
         こっちだって、手強そうよ

        

まあね、下を巻いたんじゃ、醍醐味は感じられんもんね。。。
ある意味カニの横ばいより距離が長い分だけスリリングでもあります。
なんかね、真下から見上げると、垂直のように錯覚しちゃうのよね。
13番目、最後の鎖場

        
         ほんとうにでっかい岩山だったなぁ。
         前剣から一服剣の間も気の抜けない処だらけだった。

剣沢の雪渓の底に紅葉に囲まれた真砂沢ロッジが垣間見えた。
この仙人池へのコースも魅力的だ。
いつかは・・・・・・
剣沢キャンプ場が近くなってしまった。
11:50〜12:40
テン場はすっかり広くなっていて、私のほかに1張りあるだけで、これから張ろうとしている人が一人。
淋しい場所になっていた。
最終時間16:30が気になって、焦り気味に撤収。
最後のパンを食べる。

食料も、なくなって、かなり軽くなっているはずなのに、焦っているもんだから、パッキングがうまくいかず、なんかもっと膨らんでしまったように感じるのは気のせいかしら。
剣御前小屋前で剣に別れを告げる


14:40
前回、ミドリガ池を周遊するコースに懲りたので、最短距離という地獄谷をチョイス。
たとえ最後に15分の登りがあろうとも、たとえ有毒ガスにやられようとも、絶対こっちを行くもんね。

えんえんと微妙に平っぽい散策路を、ゾロゾロ歩くのは耐えられないもんね。

でもこのガス本当に有毒っぽくてびびった

来る時には
「ザック10Kないですね」
「はぁい大丈夫ですぅ」

下るときには
「10k以上ありそうですね、秤に乗せてみてください。13k。オーバーですね。400円です」
ウ〜ム、食料が無くなって、増えたのは小屋に返しに行くのが面倒で持ってきた缶ビールの空き缶2個だけだぞ。。。重そうな顔をしていたのかな、、、、疲れを顔に出しちゃいかんかったな。。。。


17:22
扇沢の駐車場に着いたときには月が出ていた。

お付き合いありがとうございました。

inserted by FC2 system