黒斑山 2404m・ 蛇骨岳2366m・ 仙人岳 2319.1m  (浅間山外輪山)

2008年10月27日(月)   単独   

自宅発(7:00)〜高峰高原登山口(9:15)〜蛇骨岳(11:07)〜仙人岳(11:37/11:52)歩行時間2時間22分(休憩含む)
仙人岳下山(11:52)〜トーミの頭(12:30)〜高峯高原登山口(13:45)
歩行時間1時間53(休憩含む) 
  

下り坂で、どうもスッキリしない天気です。夕方から雨の予報よ。
天気がよければ・・・・雨飾山or蝶ガ岳or燕岳・・・まあ何処いったっていいんでありますが、
日本海から崩れるとなると、全滅ですよ。
日本海から離れるしかないか・・・・
新規開拓山行きの準備を全くしていない身には、過去の山行きをなぞるしかないのよね。

よし、篭の登山縦走ね!
ターゲットを定める。

高峯高原に向う途中、
ふと、振り返るとガスのかかった黒斑山が薄っすら白くなっているのが見えた。
そりゃ、あっちに行かずしてなんとしよう。
即刻車をUターンです。
ガスが濃く浅間も隠れたまま、黒斑山をスルーして蛇骨岳に向う。
しかし、すごい名前だよな・・・。
へびのほねかぁ・・・まったく。。。

黒斑山から樹林帯に入ったとたん
白い世界がやって来た。
晩秋を楽しもうとやって来たのにさ、いいもんめっけなホクホク気分。
11:07 蛇骨岳

ガスの中に浮かび上がった初冬の世界でした。

       

        擬人化されていませんか?
        なんか、皆がバイクにのかっちゃて、全力疾走しているような・・・・
        ドライバーは右側のサングラスが決まっているおっちゃんね・・・

とにかく、寒い!
風はあまりないものの、鼻で息を吸うと、鼻が痛くなる。
フリースの上にレインウェアを着て、ニット帽を被る。
手袋を厚めのに替える。
ガスが切れ、岩の間から晩秋の賽の河原が現れた。

反対の麓には陽が当たってポカポカ暖かそうだ。
私にも分けてください、その暖かさを!
少しでいいから、贅沢はいわないから・・・・と天を仰ぐ。
無理っすね。
束の間姿を現した浅間山も寒々としている。

      

      陽が射さなくても、彩りがあると何とか様になります。
      でも、浅間山はやっぱりあの雪の縞模様餓とっても素敵なのよね。
      今度逢う時は、見事な縞模様期待しているわよ。

      

      蛇骨岳方面を振り返る。
      こんな世界を見たいばかりに、今日は気温上がらなくていいもんね。。。
      しかし、寒い!ぞ。
      豆大福をほおばり、熱いコーヒーでやっと、人心地つく。

            
        黒斑山でははさすがに、5人ぐらいの人がランチタイムだった。
        トーミの頭まで戻ると、ガスに霞みながらも外輪山が見渡せた。
        体感温度もグット上がってきたようだ。。。。
      
      

       

       晩秋のなかなかな味を出しているなぁ・・・

       でも、心は早くも、温泉にはいりたぁい!!!! 

         

         霧氷が素敵です。

         でも、心は、温泉にはいりたぁい!!!!なのよね 

登山口近くまで下ってくると、ぽかぽかな陽だまりの世界だった。
右側の雲がお母さん、左がちょっとこじつけると子供だな。
お?牛もいるじゃんか・・・わかるかな?

おにぎりを頬張りながら、遊んでみる。
稜線寒さとは別世界ね。
てんごく、てんごくじゃなかったな、
極楽、極楽 
inserted by FC2 system