七倉岳2509m・船窪岳(第二ピーク)2459m・不動岳2595m・南沢岳2625.3m・前烏帽子岳2605m

2008年9月14日〜15日      単独  自宅〜登山口往復走行距離 132k


9月14日(日)
  〜

自宅発(6:10)〜七倉山荘駐車場(7:45)〜唐沢のぞき(9:05)〜天狗の庭(11:03/11:40)〜船窪小屋(12:15)
4時間30分休憩含む




9月15日(月) 

船窪小屋発(5:06)〜船窪乗越(5:47)〜船窪岳(6:07)〜第二ピーク(7:10)
休憩(7:15/7::55)〜不動岳(9:30/9:50)〜南沢岳(11:03/11:15)〜烏帽子岳分岐(12:04)〜前烏帽子岳(12:18)〜烏帽子小屋(12:36/13:00) 
7時間30分休憩含む

烏帽子小屋(13:00)〜烏帽子岳登山口(15:03)〜高瀬ダム(15:30) 
2時間30分休憩含む


今日は嶮しく、きついロングコースです。

小屋から第二ピークまでは難所が多く、そして不動岳までの長い登りもこたえます。
南沢岳からはお気楽稜線コースを楽しみ、
烏帽子小屋から一気にブナ立尾根を下っちゃえ!作戦。


去年は相棒がいたが、今回は単独なので、気を引き締めていかなくっちゃ、なのでありますよ。

5:06
遠くの薬師岳にわずかに陽が当たり始めている。
コーヒーだけ飲んで、ご来光を楽しもうと外に出て来た人たちに見送られながらの出発。
扇沢まで下るというご夫婦と分岐で別れ、どんどん、どんどん下ります。
崩壊地の脇を足を滑らせないよう慎重に。
高曇りの今日は槍まで見渡せる。
5:47 下ること40分 船窪乗越
針の木谷にはここから下ります。
休憩後、急登が始まります。
20分あまりではあったが、きつい登り。
ハシゴ、ワイヤーありです。
しかし、船窪岳は第二ピークの前山みたいなもんですね。
第二ピークまでは、気の抜けない登山道が続く。
いったん鞍部まで下り、また登り上げるのよね。
この下りがまた嶮しいんであります。

いったいどこを登るやら・・・
7:10 第二ピーク 2459m
ここまで2時間、難所と急登との格闘だったな・・・。
平らな七倉岳が真正面に見える。
難所を無事通過した安堵感に
この展望がまた格別に感じられる。
今日はあの尾根を一気に、高瀬ダムまで下るのね。。。
ダムが遥か下方に感じられるわよ。
不動岳が見えてきた。
7:15〜7:55
お腹がすいてきたな・・・
コーヒーを飲んだだけだもんな、、
ここからは長い登りだ。
朝食タイム&お化粧タイム&歯磨きタイムね。
登山道をひと登りして見ると、すぐそばに見えた不動岳が遠のいていた。
世の中甘くはないのよね。。。
その後右側のピークに登り上げた時にも、同じめにあいましたが・・・・
稜線に躍り出ると、槍がチョコンと。
山頂はあちらのようです。
気持ちの良い稜線歩き。

9:30〜9:50 不動岳 2595m
大展望をコーヒーを飲みながら楽しんでいると、烏帽子方面からトレイルランの若者がやって来た。
去年も七倉尾根を登り上げ、高瀬ダムに一気に下るという若者に逢った、そして2006年の烏帽子小屋でも船窪岳に向かうという人にあったが、ここはトレイルランのメッカなんだろうか。
他の山ではあまりお目にかからないが・・・
アップダウンが大きく、気の抜けない登山道の連続のこの山域を走るって、、、驚きというより、ありゃマゾだなと、ついつい勘ぐっちゃうのよね。
だって、ありえネェーーーなんですもの。

またぐんぐん下がってまた、登り上げるのよね。
今日は本当にこの連続だ。


 
    不動岳山頂より
    剣、立山、五色が原 雄大なり
   

    黒部湖の遊覧船が見える
    
   
   
    大きな薬師岳

   

    この崖っぷちを歩いてきたのかぁ・・・・
    夫婦のような針の木岳と蓮華岳の間からは鹿島の耳がチョコンと。


花の少ない淋しい登山道でこの鮮やかさが気を引き立ててくれる。
ミヤマリンドウ
君たちだけだな、元気なのは。
ちなみにタテヤマリンドウは色が薄いので、違いがわかります。
オオヒョウタンボク
二つ並んだ実が宝石のようでかわいらしいが、有毒よ。
11:03〜11:15 南沢岳 2625.3m
広い広い山頂です。


   

    水晶岳がちょっぴり近くなったような。


気持ちの良い稜線歩きがつづく
ピークから見下ろす
烏帽子岳の脇には池塘が点在し、お花畑が広がっている。
登山道は稜線から離れ、お花畑の中を縫うように続いています。
コケモモの実を摘んで、摘んで、
焼酎に・・・・って魂胆よ。
この辺りはコマクサの大群生地だが、この時季ともなると、ポツンポツンと、淡いピンクが淋しげだ。
イワギキョウ
池塘の脇で、
お花畑最後の花かな
ゴゼンタチバナ
あら、まあ、君の仲間たちはもうとっくに、赤い実をつけているというのに・・・。
急がないと、、、、ほら山の秋は短いのよ。
こちらは秋モード真っ盛りね



  やっぱり烏帽子はこっちから眺めたい。
   今日は時間がないから、素通りでゴメン

後はダムまで下るだけ
名残惜しくなる
12:36〜13:00 烏帽子小屋
目標の12時にはちょっと遅れたが、、、、
中身の濃い7時間30分だったな。

500円でポカリを買い一気飲み。
最後の食料のパンとおにぎりでランチタイム。
小屋から最後の登りだ。もう登りはぜったいやだからねと思うも、後は急坂を転がるように下って下って、下るのみだ。
稜線に出たところで、タクシーを予約。
3時間かかりますか?それとも3時間半ですか?って・・・コースタイム4時間はかなりあまいのね。
4時に来てもらうことにする。
15:03
長い下りでした。
上から見下ろしながら歩いていたダムも目の前に。
ハードではあったが、楽しませてくれた山に感謝しながら、最後の水を飲んで休憩。
15:30
トンネルを抜ければ、日常が待っているのね。
タクシーはもう待っていた。
たぶん早いだろうと思って・・・って何でわかるのだろうか。

湯俣温泉までランニングしてきたという若いご夫婦と相乗りになり、ラッキーなことに2000円が600円に。

はぁ〜終わったなぁ・・・・・

ついつい長くなっちゃいました。
お付き合いいただいた方ありがとうございました。

inserted by FC2 system