独鈷山 1266m 上田市

2008年3月2日 晴れ 単独    

自宅発8:30〜中禅寺登山口9:50〜山頂11:42/下山12:05〜登山口13:10

2月は週末というと天気が悪く1回行っただけで、とうとう3月を迎えてしまった。
東信なら天気も良いだろうと、飯綱山にわずかに見える青空に背を向けるのはちょっぴり勇気がいった。
長野から見る東信とて、青空はなかったのだからさ。。

やっぱりギザギザが好きなのかなぁ
上田の妙義山とも言われているらしい
今年は南信もこちらも例年になく雪が降ったらしく、駐車場には雪のため入ることが出来なかった。
今日歩いたと思われる足跡に救われる思いで、歩き始める。
しまった!ストックを忘れてきちゃったぞ。
まっ、いいか。
久しぶりの山歩きなので、足の状態、呼吸など体と対話しながら歩を進める。
初めて来た時には、かなりな急登に感じた斜面も今日は気持ちよく歩ける。
思った以上に雪が多い。
稜線に出る手前で犬を連れた登山者が下って来た。
さぁて、もう登ってくる人もいないだろうし、ここからは全く独りの世界だぞ。
気を引き締め、慎重にだぞ、と自分に言い聞かせる。
稜線に出てからはちょっぴりスリリングな箇所が何箇所かあります
ダルマ岩
まあ畳1畳ほどの広さだが、山頂よりこの岩の上からの方が良い景色が眺められる。
おまけに眼下を見下ろせば、なかなかの高度感でして、スリル感の味わえちゃうのよね。
浅間山の雪も少し縞々になってきているようだ。
山頂直下は広い林になっています。
ここからえいやっと、3分で
意外にも山頂にも雪があった。
風もなく、ぽかぽかと暖かいぞ。
ラッキーだね。
ちょっぴり霞んでいるものの、まあ何とかセーフ。
ってことは、あれまあ山のチョイスを間違えたかな・・・・。
でも飯綱、戸隠、妙高方面はガスの中だったからして、正解かもね。。。
下りは滑落しないように慎重に1歩1歩確認しながらだ。
アイゼンの威力発揮場面なり。
あの鯉のぼりは
冬の寒さの中では、はちきれんばかりに泳ぎ、夏の暑さにぐったりしながら幾つの季節を迎えたんだろうか。
やはり鯉のぼりは五月晴れに泳いで欲しいよなと、可愛そうよね。
雪の融けた陽だまりでまったり休憩。
杉の林の隙間から山学クラブで登攀講習をしたアイの岩が、、、それともウエの峰だろうか、、、屹立していた。
inserted by FC2 system