鳳凰山(薬師岳2780m・観音岳2840.4m・地蔵ケ岳2764m)南アルプス北部 

2008年5月3日  17013歩     単独  
       4日   28399歩  

高速往復6000円+薬師小屋宿泊代7800円+ビール&ポカリ1400円+ガソリン代? 

5月3日 
自宅発(4:00)〜夜又神の森駐車場発(7:10)〜夜又神峠(7:57)〜南御室小屋(11:47)〜薬師小屋(13:20) 6時間10分 休憩含む

5月4日はこちらから
薬師小屋発(6:00)〜薬師岳(6:14)〜観音岳(6:40)〜地蔵岳(7:50)〜薬師小屋(10:50)〜南御室小屋(11:40)〜夜又神の森駐車場(14:35)〜自宅着(18:00) 8時間35分休憩含む

さてさて、GWがやって来ましたよ
といっても私の場合は3日&4日のお休みのみなので、あれまぁ、普段とちっとも変わりないじゃん。
それでもいただいた休みは有効に使いたい!
せっかくだから今年お初の一泊山行きをしたい!
しかし、今年の北アはとっても雪が多く、単独でいけるところって限られちゃうのよね。
危険度の少ないところっていえば、思いつくのはまあ、
涸沢・・・(ここからさきを目指すのなら良いけれど、私には無理でしょ)ならつまんないな、却下。
蝶ガ岳・・う〜ん上高地からしか行けないからなあ・・・めんどいなぁ、、却下。

じゃあ八ケ岳は? と考えてみるも
やっぱり八ケ岳はあの6月の花の山行きが思い出され、
出来るならば、その時までとって置きたいよな、却下ね。
そうなれば南かぁ・・・・・。
南アの今の時季ってどんな具合なんだろ!
まあ、私に行けるとしたら、南ア入門コースといわれている鳳凰山が妥当ってところだろう。

折りよくロビンちゃんまきくまさんが過去のGWに行っちゃっているんで
しっかり参考にさせていただきましたよ。
そして、29日の唐松岳でまさこさんにしっかり情報も頂いちゃったから
これは心強いってもんでしょ。
今年は南アも雪が多いってことだから
きっと歩き易いだろう尾根道コースを選んでみました。
それが正解だったようで、一番ポピュラーコースだったようですよ。
トレースバッチリで、雪の中の樹林帯だって、迷いようが無かったのでした。
っていうか、本当に多くの人がいてビックリだった。
まあ、南アも雪が多くて、林道開通の問題もあって登れる山が限られているんだろうなと・・・・。

八ケ岳エリアに入ってから雨が降ってきた。
あれ?
おおむね(これって気象用語なのかしらんね)晴れじゃあなかったの?
それでも韮崎で高速を降りる頃には止んでくれた。
しまった!
満タンだったガソリンが残りわずかだ、高速で入れておけば良かった、と思うも後の祭り。
この時間、こんな田舎には開いているところなんか、あろう筈がない。
だって、当然のことながら、曲がりクネクネの山道だ。
まあ、だいじょうぶショと、スピードを押さえつつ、新緑の林道を駆け抜ける。
コースタイム的には、もっとゆっくり来てもよかったんだけれど、某ブログに7時頃で、駐車場が満杯だったような事を書いてあったので、ちょっと早めの到着です。
余裕でした、半分も埋まっていなかったよ、よかったぁ!
南アルプス林道はここから先はまだ冬季閉鎖中です。
さて、今日は7時間10分のコースタイム。
まあ、早く着いたら、散策よね。
余裕なんでありますよ。
ふ〜んここで1380mか、、、、
あれ、南御室小屋じゃあビールが無いんだってさ(この親切な張り紙は、どんな情報よりも大切だよな・・・)
しかし、登山届けをする箱はあれど、用紙が無いんですね。
北アと同じと思っちゃあいけないんですね。。。
駐車場にいた腕章をしたそれらしき?人に聞いたら、登山届けの箱のところまで、わざわざ行ってくれた(親切ね)
「用紙も、鉛筆も無いですね、、」え?知らなかったの?
北アのメジャーな山じゃあ、登山届け出して下さいって、必ず言うわれれるけどな、南は違うのね。
「今度、駐在さんに言っておきましょう。。どこまで行くんですか?アイゼン持ってますか?薬師の手前は左側が切れ落ちているから気をつけてくださいね」
やっぱり親切だった。
林道のような広い登山道をハイキング気分でやって来ると、早くも400m近く高度を稼いじゃったのね。
しかし山頂はすっぽりと雲の中。
でもいいんです、きっと明日は晴れるだろうから。。。
気温が高い、汗が出ます。
雪が現われた。
アイゼン無しでもいいんだけれど、まあ付けたほうが歩きやすいので、早めの対策です。
ガスが霧雨のような感じになってきた。
レインウェアを脱いだり、着たりと忙しい。


今回は6本爪アイゼンの初体験。
あんまり信用してなかったのよね。
つま先に爪が無いっていうのは、心細さを感じさせるけれど、凍っていないときには、充分対応できるのね。
重さ、コンパクトさを考えればこれからのシーズンではちょうど良いかも。。。
でもやっぱり、ワシワシ歩きをしたいなら、物足りないかな。

そして、どんどん追い越していった。
なんかうっそうとした森から、展望の開けたところに急に躍り出た。
ここだけ、若い樺がある。
どうやら山火事跡地らしい。
小休止するにはもってこいの場所ですね。
空を見上げると、青空が広がってきている。
あ〜あ、空はあんなに青いのに、何で私は、こんな暗い森の中を黙々と歩いているんだろう。。。
この世界を何時抜け出せるんだ!?
もういいかげん飽きてきたぞ!
森に悪態をついてみるが、
静まり返った森は私の声さえ飲み込んじゃったようだ。
突然、長靴を履いたはいた女性が、後から走ってやってきて、瞬く間に木陰に消えてしまった。
歩みを止め、しばし呆然と見惚れてしまった。
ダンボール2個を背中に背負っていましたからして、小屋のボッカのお姉さんでしょうね。
なんか急に私も元気が出てきたぞ。
ぼやいている場合じゃあないのね。
11:47
林を下ると、南御室小屋が樹間から見えた。
久しぶりの4時間半歩きは応えるな。。。。
ゴンドラやリフトなんてラクラク山行きで、体が鈍っているのよね〜、イカンイカン。
ランチタイムをとりながら小屋のマップを見る。
ふふ〜んもう一息ね♪
たくさんコースがあるのねえ。
イワイワのピークを下ると、ガスの中にようやっと薬師小屋が浮かび上がってきた。
ヤレヤレだわ。
13:20
まだまだ雪の中に埋まっていた。
中は電気をつけないと暗い。
中では昨日南御室小屋に泊まったというおじ様が一人ビールを飲んでいるだけだった。
へ?じゃあ私が2番手?
まあ、たくさん追い抜いては来たけれど、、、今夜は余裕なのね。。

小屋から離れたところにあるトイレに行くのも大変だ。
トレの前で滑落して、ドアに激突しそうだ。
ある意味今回の山行きで一番緊張したかもだ。
まだまだ時間はたっぷりだ。
早速私もビールをプシュッとあける。
うまい!
しかし、時間のありすぎっていうのも、問題アリよね。
風の向きで一瞬青空が出るものの、又深いガスに包まれてしまう。
これじゃあお散歩っていうわけにもいかないし・・・。
部屋の中は薄暗いから本を読むっていうわけにも行かないし(2003年の山と渓谷ありですよ)
このままだと飲みつぶれてしまうのか?ヤバいぞ
飲んでばっかりもいられないので、ガスの切れ間を狙って、稜線まで行って見るも、岩のオブジェを楽しむだけだった。

それから続々と登山者がやって来た。
ストーブの周りに花が咲く。
しかし、それからもまだ続々と登山者がやって来て
なんと5時半を回ってからもやって来る。
結局50人位の人が泊まったようよ。(ちなみに前日は4人だって)
食事は、2回戦、、、
北アの豪華な食事に慣れちゃっている身には、質素というか、、、、
私の中ではおでんはおかずじゃあなく、つまみなんだけれど、、、
ま、それは良しとしても、味がしないおでんの場合はせめて辛子がほしい!
タマネギスライスとワカメの一見2人分と思えるサラダは4人で取り分けるようだけれど、
器がないから、ご飯を先に食べて、ご飯茶碗に入れるしかない。。。。
「ご飯はたくさんありますから、おかわりしてくださいね♪」
って言われてもね、味噌汁はおかわり無しだし、ご飯も今時珍しく、ちょっと芯があるのよね。
お湯、水は雪解け水を使用しているため、分けてはもらえない。
う〜んビールに500円は払えても、白湯に400円は払えないぞ。
しまった、下の小屋には水場があったのに、、、
でも、下の小屋にはビールが無いんだっけ、どっちが辛いかって言えば、、、まあ、当然私の場合は、、、言うまでもないか。
水筒に半分位は残っているし、テレモスのお湯も半分はあるから・・・・・

明日は ぱぁ〜っと晴れる事を願って
ふふん7時前には布団の中の人となっちゃったんであります。

                              続きはココからどうぞ

inserted by FC2 system