飯綱山 1917m 長野市

2009年4月5日 昼頃より晴れ 単独  17815歩  

南登山道駐車場(8:03)〜登山口(8:18)〜南峰(10:28)〜北峰山頂(10:56/12:00)3時間(休憩含む)
南峰(12:00)〜南登山道駐車場(13:18)
1時間20分(休憩含む)


3月に入ってから、仕事がドタバタ、、、そしてなんか雑用でドタバタ、、、休日に天気に恵まれなかったり、、、、、でこのところちゃんとした山に(どれがちゃんとした山なのかって判断はあくまで主観ですが)行ってないなぁ。。。。
天気が悪くても、まっいいか、 歩きたいっていう欲求がフツフツと湧いてくる。
こんなときもあります。

飯綱高原も春の気配ですね
前日の雨が残雪を溶かしたのか、雪ありません。
残雪を踏みながら、朝霧の中を行きます。
小鳥もかなり戻ったのか、森もにぎやかになってきました。
稜線の手前までくると
ここでは、雨ならず雪だったようで、新しい世界が広がっていた。
春雪の思わぬプレゼントですね。
淡々とした、ただ歩きたかったっていう思いから一気に気分が高揚してくる。
はい、子供ですね。
雪がうれしい♪
南峰直下はなだらかに見えるが、けっこう応える。
予報どうりの春の陽射しが汗を誘う。
足が前に進まんぞ〜
久しぶりに眺める高妻山だ。

雪が神社の屋根を覆わんばかりだった。
春先になってけっこう降ったのだろう。
1月末にはまだ中に入れそうだったんだけれど。
北峰へ向います
高妻の奥の火打山は雪煙をなびかせ、白さを際ただせている。
佐渡山(真ん中の三角山ね)から眺めた迫力を思い出す。
まるで別世界のような冬景色が広がっていた。
遠くの景色から眼を足元に転じれば、陽に温められた樹氷がパラパラと落ち結晶になっている。
近くて遠い北峰ね。
すばらしい景色に足がついつい止まってしまう。
高妻山がいい感じで顔を出してくれているし。
雲がこれまたすばらしいし
北アは残念ながら雲の中だけれど、その上空からこっちに向って雲のショーが始まっているし、
足が前に進むわけが無いのよね。


黒姫にかかっていた雲も離れてくれ、その奥の妙高山も顔を出してくれた。
火打山から焼山の白さが雪深さを際立たせている。


高妻を中心に
穏やかな火打山と、嶮しい岩屏風のごとき戸隠山の表情の違いがまた、堪らない。


湿原にリュウキンカやニリンソウが咲くのはもう少し先ね。

飯綱山 良い山でした。
湿原の中で春の陽を浴びて
気持ち良さそうに咲いていた

この花の名前がいまだわからない。。。。
inserted by FC2 system